葬儀や訃報を聞いたときのマナー

葬儀時のマナーも大切ですが、知っている人の訃報を聞いて弔問に足を運ぶというシーンもあるでしょう。人が亡くなっているという事ですから、マナーをしっかりと守っていく必要があります。弔問に足を運ぶ時期ですが、亡くなった人との間柄によっても異なってきます。とても近しい人だった場合は、早めに伺うのも許されるでしょう。この時、訃報を聞いてすぐに伺うのであれば、通夜や葬儀などの手伝いを名乗り出るくらいの気持ちで足を運ぶようにしましょう。お悔やみの言葉を述べたあとで、お手伝いすることはないか聞いてみるとベストです。

また、亡くなった方とそこまで深いかかわりがあった訳ではない間柄であれば遺族も忙しい死去からすぐの時期は避けるようにしましょう。ちょっとした知人や、職場の方だった場合ですと、通夜や葬儀の時などに弔問に伺うというのが一般的です。そして、近所の方だった場合、住んでいる場所が近ければ近いほど訃報というのはすぐ耳に届くものです。弔問に伺うのであれば玄関先でお悔やみの言葉を掛ける程度で、あまり長居はしないようにするのが常識的です。

お悔やみの言葉を述べる場合、使用してはいけない言葉があるので注意しましょう。お悔やみの際に使ってはいけない言葉が忌み言葉です。忌み言葉とはますます、たびたびのように同じ言葉を繰り返して使うものです。使用してはいけない理由として、同じ言葉を繰り返すこれらの言葉は不幸を繰り返したり重なるというようなイメージが持たれるので、使用するのは避けるのがベストです。

お悔やみの言葉をどう述べたら良いか分からないという場合は、「この度はご愁傷さまです」や「心よりお悔やみ申し上げます」などシンプルな言葉を選ぶと良いでしょう。