葬儀の数珠について

数珠といえば、葬儀に参加する際には必要不可欠なアイテムです。今までにお葬式に参加した際にも何気なく必要だというぼんやりとしたイメージで持っていっていた人も多いでしょう。数珠というのは、ちゃんと意味のあるアイテムです。数珠は本来、念仏や真言などを数えるために使用する仏具です。

一般的な数珠は、人間の持つ煩悩と同じ数の108つの珠を繋いで作られています。珠の数は宗派によっても異なりますが基本的に、数珠は個人で持つものを使用するのが原則ですので、貸し借りなどをすることは控える必要があります。お葬式に参加する機会に備えて、自分用の数珠はしっかりと用意しておきましょう。

また、数珠には大きく分けて二種類存在しています。本式数珠と呼ばれるものと略式の数珠です。略式のものですと、宗派に関係なく使用することができます。本式数珠というのは、それぞれの宗派にあった珠の数の数珠です。自身の宗派の葬儀に参加する際には本式数珠を持っていくのがベストですが、他のご家庭のお葬式に呼ばれるなど宗派がわからない葬儀に参加する際には略式の数珠を持っていくのが無難でしょう。珠の色については、基本的に問われることはありませんが男性の場合は珠の大きいものを、女性の場合は珠の小さな数珠を使用するというのが一般的なマナーです。

数珠は手に持って使用するものですが、正式な持ち方や使い方などが存在します。座っている時の持ち方としては左手首にかけ、歩くときに持つ場合はふさを下にして左手に持つというのが正しい持ち方になります。合掌する際の正しい持ち方は、ふさを下に垂らし、親指とその他の4本の指にかけて親指で軽く押さえてもつようにしましょう。これらのことを覚えておけば、お葬式の時の必須アイテムである数珠を正しく使いこなせます。