葬儀の服装マナー

葬儀に着ていく服には、それにふさわしい服装という形式があります。しかし、葬儀に参列する側と遺族側のどちらかによっても、適した服装というのが異なるということを知っている人は多くないのではないでしょうか。知らずに、遺族側が着る服装を参列者側がしてしまうというのはマナー違反にもなってしまいますから、自分がお葬式に出る際にどのような立場で出るのかを理解した上で、喪服を選ぶようにしましょう。

最近では、遺族も略式喪服であるブラックスーツなどを着用することが多くなってきていますが、本来遺族側というのはお葬式に参加する際の正装というものがしっかりと存在しています。遺族側の正式な喪服というのは男性であれば紋付羽織袴などの和装、洋装であればモーニングコートが遺族男性の正式な喪服です。

女性側の正式な喪服は黒無地の着物が和風の正式喪服で、洋装の場合はアフタヌーンドレスや黒のワンピースなどが挙げられます。略式喪服であっても、喪服ではありますが遺族側は大切な人を供養する立場にありますから失礼にあたらないよう正式喪服の着用がベストです。

遺族以外の人が、お葬式に呼ばれて参加する際には正式喪服を着るのは避けるようにしましょう。正式喪服の方が失礼にあたらないように思ってしまう方も居るかもしれませんが正式喪服を呼ばれた方が来てしまうと、親族の方に失礼にあたる行為になってしまいます。そのため、親族より格が上になってしまうというようなことが起きないように親族以外の立場で参列する際には略式喪服を着用することをこころがけましょう。また、仮通夜と呼ばれる亡くなった直後などの場合は、地味目な平服でも良い場合があります。時と場合を考えて適切な服装を意識したいものです。