葬儀でやってはいけないこと

葬儀では、色々と気を付けなければいけない部分が多くあります。知っていないと、マナー違反だと分からずにやってしまう行動もあるので注意したいものです。まず、葬儀に限ったことだけではないのですが、参列するときに遅刻してしまうのは絶対に避けましょう。

場合によってはやむを得ない事情のケースもあるでしょう。そんな理由で遅れてしまった場合は、遺族にお詫びを述べた上でご焼香させてもらうようにします。また、遅刻してきた際に受付に人がいなかった場合は持参した香典は遺族に直接渡すなどしましょう。

また、香典のマナーでも気を付けたいところがあります。それがお札です。結婚式の場合は折り目のない新札を使用するのがマナーとされていますが、新札を包むのは葬儀では失礼にあたると考えられています。古くからの考え方でいくと、新札を使用するというのは亡くなった方の死期を見越して用意していたものだとという考え方があります。しかし、あまりに汚すぎるお札というのも失礼ですので避けましょう。折り目のないお札しかない場合は、折り目をつけてから包むようにしましょう。

そして、葬儀に参列した際にご遺族の方と長話をしたり、故人が亡くなられた経緯を自ら聞くということも控えましょう。一般的に親しい間柄でなければご遺族へのあいさつは控えるのが無難ですし、親しかった場合であっても忙しい遺族の方のことを配慮し、手短にお悔やみの言葉を述べる程度で済ませましょう。また、親族が亡くなられた遺族の方の心境を考えれば、亡くなられた経緯を参列者が聞くのはとても失礼な行動です。遺族の悲しみをより強めてしまうような行動を控えるのもお葬式に参加する際のマナーの1つです。これらのことにはしっかり気を付けましょう。